スタッフブログ

STAFF BLOG

5/24 T様お花屋さんに突撃!(突撃編)

こんにちは。

この記事をご覧いただいているということは、前回の準備編もお楽しみいただけたのでしょうか…?もし「何のことかわからない」という方は、「5/24 T様お花屋さんに突撃!(準備編)」もご笑覧いただけると幸いです。(※準備編を読んでおくと本記事をより楽しめる…かどうかは、保証できません)

さて、前回の準備編にてばっちりお祝いの品をエポックホーム仕様に整え、決行日を迎えることとなりました。出発時間、あまりに多忙すぎて突撃訪問を忘れ仕事に没頭している社長にとなりの机より必死に「(社長!そろそろ時間です…)」と念を送るも届かず。準備したお祝いの品をデスク間のついたて上からかざしつつ、小刻みに動かしつつ(T様すみません)、小声で「(社長ー!社長ー!)」と呼びかけるも、反応がなかったので、普通に「社長、そろそろお時間です…」とお声をかけて出発しました。
最初から普通に声かければ良かった…

下校時間とかさなり、小学生キッズたちが歩道をばらばら歩いて帰ってるなか、大道のマルキョウのすぐ近くにお花屋さんはありました。

1687、と数字で書いて、『イロハナ』と読みます。

お花屋さん、というよりおしゃれな雑貨屋さんのような佇まい。

看板の雰囲気がすごいかっこいいです。

おそるおそる社長に続いて「お邪魔しまーす…」と扉から中をのぞくと、ご主人が社長に気づき、「あ、いらっしゃいませー、お久しぶりですねー」と穏やかにご挨拶頂きました。

店内に入ると…
おお…かっくいい…

なんだか、『魔女の宅急便』のオープニングとエンディングに出てくる、キキのお母さんの研究室みたいな雰囲気。

入口近くにはお花がずらり。

壁や天井にはドライフラワーがずらっと下がっています。

いつになく女子力UPっぽい、いわゆる「映える」写真を撮ってることに気づき、テンションが若干上がるわたくし。(右を見ても左を見ても癒し可愛い…この場所に立っているだけで女子力めっちゃ上がる気がする…うわああああー…!!)…と、内心すごくはしゃぎまくってました。

T様ご夫妻は、別府と大分にてそれぞれお花屋さんにお勤めだったそうですが、この度、ご主人がここにお店を開くこととなって、奥様も一緒にお手伝いされることとなったそうです。
お2人とも「写真?恥ずかしい~!!」ということでお顔出しNGですが、すごくおしゃれふんわり系のご夫婦で、奥様はものすごい美人さんでした。

少しお話しした後、いよいよ持ってきたお祝い品をお渡しします。

実はさっき入ってきた時に社長と一緒に気づいてしまっていたのです…店内に良さげな時計がすでにかけられていることに…

ドキドキしながら社長からT様へ贈呈。
「今開けてもいいですか?」と訊かれたので、「もちろん!」とうなずきますと、さっそく開けてくださいました。

開店祝いの時計を眺めるご主人。
絶賛してくださいました!よかったー!!

「おおー、可愛い!いいですねー!!」と、喜んで下さいました。
「これ、うち(別府の家)の方で飾りたいなー!」と奥様。よ、よかったー…

ご主人が裏の焼印に気がつき、「お、これ裏…エポックホームって入ってる!!時計売ってるんですか!?」と驚く一幕もありました。入りきらなかった『ム』の字の話(※「準備編」参照のこと)も社長がされて、和やかな時間となりました。

『イロハナ』さんは、ドライフラワー専門のお花屋さんです。

「生花も置いてるんですけど、ほとんどがドライ(フラワー)にしても綺麗に保つものなんです。それ以外だと、あの…入口にある、赤いバラぐらいしかないの。珍しいでしょ」
と、ご主人がお話ししてくださいました。

「今日は、なんだか馬酔木(あせび)の木が良く出てねー…(バケツに入っている馬酔木を指さし)あれくらいしか残ってないの。写真撮る?じゃあ、別の出しとこう。さびしいもんね」
カメラを構えると、あわててバケツを入れ替えます。すみません…

入れ替えた直後をパシャリ。
ご主人、すみません…

ドライフラワーは生花と違って長期間お花を楽しむことができるとあって、最近はブライダルの注文も受けるんだとか。

色鮮やかなドライフラワーも。

天井から下がったお花に社長が目を留め、
「この花、すごく色がきれいですね。ドライフラワーだけど…乾燥しても、こんなに鮮やかなままにできるんですか?」
と訊くと、
「あ、それ、実はかすみ草なんです。ちょっと細工してて…色のついた水を吸わせるんですよ。そうするとこんな風に、きれいな色がつくんです」
と教えてくださいました。

カウンター後ろのスワッグ(花束)は、現在ドライフラワー途中のもののようです。

また、店内にはセンスがほとばしるスズランのイラストが所々貼られていますが、これはなんと、娘さんの手によるものだそう。完全にプロに依頼したものかと思っていただけに、びっくりしました。(びっくりし過ぎて写真撮るの忘れていました。今気づいた…)

ショップカードを頂いたのでそちらを掲載します。

火曜日定休だそうです。

左下のスズランが娘さんの作品。ちょうかっこいい。
ぜったいセンスがあふれまくるデザイナーかイラストレーターになる予感しかしない…才能がすごいことになってる…

実を言うと、画面手前に下げられたパープルカラーのミニブーケを買いたかった私。
結局タイミングを逃し、買うことあたわず…いつか絶対買いに行こう…

気になるお値段ですが、意外にリーズナブル。
わたくしの心残りのミニブーケ(ご主人バケツ入れ替え写真にも写っています)はひとつ¥300+税。それより少し大きめなものは¥500+税。上の写真の白いふさふさリースはけっこうお高いですが、小物であればワンコイン価格から置いてあります。もちろん、予算内でお任せで作ってもらうこともできます。

まだ未定ですが、近日、お店の2階でお花の教室も開催することを考えているそうです。
それは、すごく参加したい…!

「じゃあ、最後に僕も写っておこう」
「『イロハナ』さん、開店おめでとうございます!」
ちなみに社長が手に持っているのはさきほどのショップカード。宣伝も抜かりありません。

おめでとうございまーす!

ご興味をお持ちの方、ぜひ、お店へGOですよー!!

一覧に戻る