スタッフブログ

STAFF BLOG

8/24 F様手形式

夏休みもいよいよ終わり、新学期を迎える頃となりましたね。いかがお過ごしでしょうか。
最近の長雨で体の至るところがなんだか痛み、いろんな老化が一気にやってきているわたくしです。ばきばき整体に行かなければならない…いやそれよりも別の不調を改善すべく病院に行かなければ…と、なんかもうおばあちゃん並に医療費がかかりまくっています。保険がきくってありがたい。ありがたいなぁ…

さて、きたる8月24日にF様の手形式を弊社事務所にてとり行いましたので、その模様をお届けいたしたいと思います。近く予定している上棟式の際に、現場へお弁当を届ける係に任命されたわたくし、無事に任務を全うすることができるか…今からちょっと不安です。

さて、時間通りにお越しいただいたF様ご夫妻。手形式会場へとご案内し、僭越ながら簡単な手順の説明をさせて頂きました。
さっそく手形取りが始まります。まずはご主人様から。

奥様も隣で興味しんしんです。

「なんか小学生の時とかのことを思い出すわー…」としみじみ感慨にふけりつつ、まんべんなく朱液をつけていきます。

朱液の乾燥スピードにちょっと面くらいつつも、ぺたん!

「もうちょっと強めに押して!」とご主人様より指示が入ります。

上から奥様に押して頂きます。
指先などはなかなかキレイに板に付かないので、特に念入りにぎゅっぎゅっと押さえます。

「私の手にもついちゃった…」と、おさえつつ手のひらを見る奥様。

もういいかな?…と、そろそろ~っと手をあげると…


ゆーっくり手をあげます…
おっ!

キレイな手形が取れました!

ご主人様が手を洗っている間に、奥様は自分の手形の配置確認中。
「このへんかな…?」と手を置いてます。

「手がさー…みかん食ったあとみたいになった」とこれまたしみじみと呟きつつ、帰還したご主人様に見守られながら、奥様、朱液をつけていきます。

スポンジで慎重に手に付け終わると、「よし、ここ!!」と思い切りよくぺたん!
ご主人様が上からぎゅぎゅっと押さえます。

ぎゅーっ
ぎゅっぎゅっ

奥様の指先も、丁寧にぎゅっぎゅっと押していきます。

全体を押さえ終わったころを見計らって、手をあげると…ご主人様に負けず劣らずキレイなくっきり手形が取れました!


じゃーん!

さて、手形も無事取り終わり、次はいよいよ文字入れに移ります。
ご主人様が上半分の上等日と苗字、奥様がご夫婦それぞれのお名前を担当するということで話がまとまり、ご主人様が最初に筆を握ります。

が、やはりぶっつけ本番は厳しいということで、奥様が下書きすることに。

下書き中の奥様。
傍らでご主人様が見守ります。

下書きも完成し、いよいよ清書していきます。

ゆっくり書き進めていきます。
んん…?

書き進めるさなか、どうもこのままでは苗字が入らないことが発覚。急遽苗字のみ下に入れ、その両隣にお二人の名前を書くということになりました。
これが功を奏し、絶妙なバランスでみごと、上段に収めることができました。

まずは苗字を書いていきます。

苗字を任された奥様、小筆に持ち替えて慎重に筆を運んでいきます。
ひとふでひとふで、とめやはらいも忘れずに丁寧に書いていくのでもしや書道されていたのかな…と思ったのですが、意外にも違うとのこと。字、お上手です…!個人情報の関係上、お見せできないのが残念。

すごくキレイに書いていく奥様。
隣で「ちょっと伸ばしすぎじゃない…?」と、ご主人様より厳しいチェックが。
「あっ!タテ線が切れちゃった…」とちょっぴり修正中。

ご主人の名前も書き入れ、ようやく完成いたしました!
最後に記念撮影をさせて頂きました!

ハイ、チーズ!

F様、本日はお疲れさまでした。
手形は、上棟式の時まで事務所にて大切に保管させて頂きます。

「地鎮祭の時もそうだったけど…上棟式の時も雨だから…ひょっとして、と思って…」とどうも雨女疑惑が出てきたわたくし。疑惑を払拭すべくてるてる坊主を作って式までに備えたいと思いますので、よろしくお願いいたします…

一覧に戻る